03-5512-8151
対応時間
平日10時~20時
定休日
土・日・祝日

※事前予約で休日対応可能

売掛金の時効について/弁護士 熊谷 博幸

弁護士 熊谷博幸 > 企業法務 > 売掛金の時効について

売掛金の時効について

売掛金には時効があり、一定の期間が経過すれば消滅時効により回収できなくなる恐れがあります。そのため、売掛金の請求をいつまでにしなければならないかを理解することは債権を回収する上で非常に重要となります。
現行の民法では、売掛金の商品やサービスの内容によって、以下のように時効期間が異なります。

 

■時効期間が5年
下記以外の取引の場合(商法522条)
■時効期間が3年
・医師、助産師、薬剤師の診療報酬等(現行民法170条1号)
・工事の設計、施工、監理に関する費用(同条2号)
■時効期間が2年
・弁護士や公証人等の報酬(現行民法172条)
・生産者、卸売商人、小売商人が売却した産物や商品の代価(現行民法173条1号)
・請負業者や注文製作、クリーニング店や理髪店などの代価(同条2号)
・生徒の教育活動や衣食住などの代価に関する費用(同条3号)
■時効期間が1年
・運送費用、宿泊費、飲食店等の代価又は立替金(現行民法174条各号)

 

なお、2020年4月1日に施行される改正民法では、時効期間が一律に5年となります(改正民法166条1項1号。なお、2号も参照)。このため、2020年4月1日以降に発生した売掛金については時効期間が5年となることに注意しましょう。
時効にかからないための手段としては様々な方法があります(現行民法147条等参照)。そのため、時効期間が迫っている場合でも焦らずに、弁護士などの法律専門家に相談するようにしましょう。

 

弁護士・熊谷博幸(飯野・八代法律事務所)は、企業法務や労働法務、不動産、一般民事・家事など様々な問題に対し、豊富な経験と知識をもとに解決に尽力いたします。埼玉県や、東京都、千葉県、神奈川県、茨城県にお住まいの方のご相談に広くお応えいたします。企業法務でお困りの方は、当職までお気軽にご相談ください。

当事務所が提供する基礎知識

  • 無断欠勤を理由に社員を解...

    無断欠勤を繰り返す社員を正当に解雇するというのは、会社にとってはかなりハードルが高いものであると言わざるを得ません。とい...

  • 労務管理について

    ⬛︎労務管理とは労務管理は従業員との労働契約の管理や福利厚生など、人事以外で労働者の管理にかかわる業務全般のことをいいま...

  • 違法にならない退職勧奨の...

    昨年に引き続き、2021年も新型コロナウイルスの影響による経済的打撃が懸念されます。先行きの不安なこの1年間で、経営不振...

  • 就業規則違反した社員への...

    ■就業規則違反と懲戒就業規則違反は懲戒事由になるのが一般的です。したがって、使用者は懲戒権を行使し戒告・減給・停職・懲戒...

  • 企業法務とは

    ⬛︎企業法務企業法務とは、契約書のチェックや労働問題対策、企業再生など企業活動を支えるための法務活動のことです。その内容...

  • 企業が取り組めるハラスメ...

    近年では、コンプライアンスの重視に伴い、ハラスメントが問題視されるようになってきました。また、2019年に厚生労働省が「...

  • 離婚の流れ

    「離婚したいと考えているが、まず何から手を付けたら良いのか分からない」「離婚に関しての知識がなく、自分の行動が正しいのか...

  • 強制退去の流れと弁護士に...

    借家人が長期間家賃を滞納している場合などでは、強制退去を検討することになります。家賃滞納を原因とする強制退去の流れとして...

  • 大宮の離婚問題は弁護士に...

    夫婦間での仲がうまくいかなくなってしまった場合、離婚を選択する人もいるでしょう。しかし、離婚するにあたっても、決めなけれ...

  • 労働法務とは

    ⬛︎労働法務とは労働法務とは会社と従業員の紛争を未然に防止し、紛争が発生してしまった際には適切な解決に導く法務です。また...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

弁護士 熊谷 博幸 (くまがい ひろゆき)
所属 第一東京弁護士会
所属事務所 飯野・八代法律事務所
所在地 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル15階
電話番号/FAX番号 03-5512-8151 / 03-5512-8155
対応時間 平日10時~20時
定休日 土・日・祝日(※事前予約で休日対応可能)
著作等

共著『詳解 働き方改革関連法』労働開発研究会 2019年7月

共著『第2版 実務コンメンタール労働基準法・労働契約法』労務行政研究所
2020年03月 令和2年3月31日現在

ページトップへ