03-5512-8151
対応時間
平日10時~20時
定休日
土・日・祝日

※事前予約で休日対応可能

強制退去の流れと弁護士に依頼するメリット/弁護士 熊谷 博幸

弁護士 熊谷博幸 > 不動産 > 強制退去の流れと弁護士に依頼するメリット

強制退去の流れと弁護士に依頼するメリット

借家人が長期間家賃を滞納している場合などでは、強制退去を検討することになります。
家賃滞納を原因とする強制退去の流れとしては、次の通りです。

 

①借家人と任意の交渉
まずは、借家人との間で、家賃滞納等のトラブルを解決できないか、あるいは退去してもらえないかなどを話し合いましょう。民法や借地借家法などで借家人の地位は厚く保護されているため、いきなり強制退去を行うことは出来ません。そのため、話し合いの場を設けて妥協点を見つけるようにしましょう。
借家人が話し合いに乗り気ではないならば、家賃支払い通知を送り、支払わなければ連帯保証人に請求する旨を伝えましょう。


②連帯保証人への連絡
何ヶ月も催促しても家賃を支払わない場合は、連帯保証人に請求しましょう。


③内容証明郵便や配達証明付きの督促状の送付
少なくとも3ヵ月以上、家賃を滞納し続ける場合は、内容証明郵便等で、滞納家賃の支払いを催促し、支払わない場合は賃貸借契約を解除する旨の通知を行いましょう。
内容証明郵便は、いつ・誰が・どのような内容の書面を差し出したのかを公的に証明してくれるもので、一般的に訴訟等の法的手続きを行う前段階で行われます。そのため、借家人に対して心理的圧迫をかけることができます。


④建物明渡請求訴訟
以上を持ってしても家賃滞納を続ける場合は、裁判所に対して、建物の明渡しを求める訴訟を提起します。訴訟では、契約の解除・建物の明渡しを求めるだけでなく、滞納家賃を請求することもできます。訴訟で勝訴した場合は、強制執行等の手続きを行うことが出来ます。

 

強制退去を考えている場合は、弁護士に依頼することをおすすめ致します。弁護士に依頼するメリットは、
・交渉のプロである弁護士が交渉に加わることで、冷静かつ平和的に解決できます
・弁護士に依頼することで相手に対して本気でトラブルを解決する意欲があることを示すことができ、結果的に相手に心理的圧迫をかけることができます
・弁護士であれば、書類作成から訴訟までトータルサポートを行うことが出来ます
・弁護士が介入したことで、今後の家賃滞納の抑止力になります
など様々なものがあります。賃貸トラブルは早い段階で解決しなければ長期化・複雑化していきます。迅速かつ確実解決するためにも、まずは弁護士に相談しましょう。

 

弁護士・熊谷博幸(飯野・八代法律事務所)は、企業法務や労働法務、不動産、一般民事・家事など様々な問題に対し、豊富な経験と知識をもとに解決に尽力いたします。埼玉県や、東京都、千葉県、神奈川県、茨城県にお住まいの方のご相談に広くお応えいたします。賃貸トラブルでお困りの方は、当職までお気軽にご相談ください

当事務所が提供する基礎知識

  • 企業再生の流れ

    ⬛︎企業再生とは企業再生とは倒産状態や倒産の危機にある企業の経営を安定化させることです。不採算事業の整理や赤字事業の見直...

  • 共有不動産の分割

    共有物については、共有者間に分割をしない旨の契約があるという様な事情がなければ、原則としていつでも分割を請求することがで...

  • 企業が取り組めるハラスメ...

    近年では、コンプライアンスの重視に伴い、ハラスメントが問題視されるようになってきました。また、2019年に厚生労働省が「...

  • 就業規則

    ⬛︎就業規則とは就業規則は、その会社における最低限の労働条件を定めるルールです。個々の労働者と就業規則を下回る条件の労働...

  • 契約書のリーガルチェック...

    ビジネスでは様々な契約が締結され、取引基本契約書や業務委託契約書など、多様な契約書が取り交わされます。契約書は当事者が合...

  • 民事再生と会社更生の違い

    債務超過に陥るなどして、自力では経営する事業の立て直しが困難であるような場合には、倒産処理を行うことで救済を受けることが...

  • 無断欠勤を理由に社員を解...

    無断欠勤を繰り返す社員を正当に解雇するというのは、会社にとってはかなりハードルが高いものであると言わざるを得ません。とい...

  • 就業規則違反社員への正し...

    就業規則とは会社と従業員が守るべきルールのことを言います。 常時10人以上の従業員を使用する使用者は、就業規則を作成し、...

  • 従業員から未払いの残業代...

    会社の従業員から未払いの残業代の請求を受けたときに、どのような対応をすることができるでしょうか。まずは、従業員が請求して...

  • 契約書作成とリーガルチェ...

    ⬛︎契約書の作成・リーガルチェック契約をするにあたって、契約書の作成を弁護士に委任することができます。また自社で作成した...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

弁護士 熊谷 博幸 (くまがい ひろゆき)
所属 第一東京弁護士会
所属事務所 飯野・八代法律事務所
所在地 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル15階
電話番号/FAX番号 03-5512-8151 / 03-5512-8155
対応時間 平日10時~20時
定休日 土・日・祝日(※事前予約で休日対応可能)
著作等

共著『詳解 働き方改革関連法』労働開発研究会 2019年7月

共著『第2版 実務コンメンタール労働基準法・労働契約法』労務行政研究所
2020年03月 令和2年3月31日現在

ページトップへ