03-5512-8151
対応時間
平日10時~20時
定休日
土・日・祝日

※事前予約で休日対応可能

浮気・不倫の慰謝料/弁護士 熊谷 博幸

弁護士 熊谷博幸 > 一般民事・家事 > 浮気・不倫の慰謝料

浮気・不倫の慰謝料

配偶者が浮気・不倫をしている場合、「慰謝料を請求したい」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、全てのケースにおいて慰謝料を請求できるわけではありません。また、個別の事情によって慰謝料の金額にも大きなばらつきがあります。
以下にて、そんな慰謝料についてご説明いたします。

 

まず、ご夫婦間の浮気や不倫に対して請求する慰謝料の性質は、「浮気や不倫をしていた配偶者とその相手から受けた精神的苦痛に対して支払われる金銭」というものです。そのため、夫婦関係がすでに破綻していた場合など、浮気・不倫によって損害や精神的苦痛を被ったとは言えないと認められた場合は、慰謝料の請求ができない可能性があるのです。

 

そして慰謝料の金額は、ご夫婦が浮気によってどれくらいの損害を被ったかによって変動します。
例えば、浮気を経てもご夫婦が離婚・別居を行わず、婚姻関係を継続する場合、一般的な相場は50万円から100万円と言われています。
一方、浮気が原因で別居に至った場合は100万円から200万円、また離婚にまで至ってしまった場合は200万円から300万円と値段が変わります。
他にも、婚姻継続年数やお子様の有無、婚姻生活の状況など、個別具体的な事情によっては、上記の金額よりも多額の慰謝料を請求できる可能性があります。まずは弁護士にご相談いただくことによって、ご相談者様のケースについて判断させていただくことができます。
また、配偶者の浮気・不倫が発覚した場合、「浮気相手にも慰謝料を請求したい」とお考えになる方も少なくありません。
しかし、配偶者の浮気相手が、配偶者が既婚者であると知らなかった場合など、落ち度がないと判断された場合、慰謝料の金額が減額されてしまう可能性があります。ご自身の場合、慰謝料を請求することができるのか、またどれくらいの額面が妥当と言えるのかなど、まずはご相談者様のご事情をご相談ください。

当事務所が提供する基礎知識

  • 企業が取り組めるハラスメ...

    近年では、コンプライアンスの重視に伴い、ハラスメントが問題視されるようになってきました。また、2019年に厚生労働省が「...

  • 相続問題

    相続問題は、多くの場合、ご遺族様が深い悲しみに沈んでいる際に発生するものです。「故人の遺産はどの程度あったのか」「動産や...

  • 労働法務とは

    ⬛︎労働法務とは労働法務とは会社と従業員の紛争を未然に防止し、紛争が発生してしまった際には適切な解決に導く法務です。また...

  • 売掛金の回収

    ⬛︎売掛金の支払が遅れたら期限を過ぎても支払いがなされない場合は、支払いがなされるまで督促を繰り返し、どうしても支払いを...

  • 売掛金の時効について

    売掛金には時効があり、一定の期間が経過すれば消滅時効により回収できなくなる恐れがあります。そのため、売掛金の請求をいつま...

  • 従業員から未払いの残業代...

    会社の従業員から未払いの残業代の請求を受けたときに、どのような対応をすることができるでしょうか。まずは、従業員が請求して...

  • 就業規則

    ⬛︎就業規則とは就業規則は、その会社における最低限の労働条件を定めるルールです。個々の労働者と就業規則を下回る条件の労働...

  • 就業規則違反した社員への...

    ■就業規則違反と懲戒就業規則違反は懲戒事由になるのが一般的です。したがって、使用者は懲戒権を行使し戒告・減給・停職・懲戒...

  • 違法にならない退職勧奨の...

    昨年に引き続き、2021年も新型コロナウイルスの影響による経済的打撃が懸念されます。先行きの不安なこの1年間で、経営不振...

  • 労働契約書の作成

    ⬛︎労働契約書の必要性労働条件通知書や雇用契約書は、正社員に限らずパートやアルバイト・契約社員であっても、雇用時に明示す...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

弁護士 熊谷 博幸 (くまがい ひろゆき)
所属 第一東京弁護士会
所属事務所 飯野・八代法律事務所
所在地 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル15階
電話番号/FAX番号 03-5512-8151 / 03-5512-8155
対応時間 平日10時~20時
定休日 土・日・祝日(※事前予約で休日対応可能)
著作等

共著『詳解 働き方改革関連法』労働開発研究会 2019年7月

共著『第2版 実務コンメンタール労働基準法・労働契約法』労務行政研究所
2020年03月 令和2年3月31日現在

ページトップへ